恵那ダンボール ダンボール梱包資材・包装資材に関するご相談は、エナダンにおまかせください。
お問い合わせ サンプル作成依頼
ご要望別事例
  • ご要望別事例一覧
  • 効率的に入れる・包む
  • 商品を安全に運びたい/動かしたい
  • 商品を保護したい
  • サービス事例(お客様からのその他のご要望対応)
  • ダンボール製造、省エネへの道
  • ダンボール 三代目のブログ
  • ダンボールブログ
  • お客様商品紹介
お問い合わせ サンプル作成依頼

ご要望別事例

ホーム > ご要望別事例一覧 > サービス事例(お客様からのその他のご要望対応)一覧 > ダンボール材質の変更で保管スペースの削減をしたい事例一覧へ戻る

ダンボール材質の変更で保管スペースの削減をしたい

テーマ:ダンボール材質の変更で保管スペースの削減をしたい

お客様の抱える問題点

現状は茶ベースのEF厚み(1.2㎜前後)を使用していましたが、保管スペースの確保が大変になってきたため、在庫スペースの軽減がしたいと相談がありました。

恵那ダンボールからの提案

現状のEF素材厚み(1.2ミリ前後) ⇒ GF素材厚み(0.5㎜)へ

Gフルート 0.5 177
Fフルート 0.6 120
Eフルート 1.2 約95
Bフルート 2.5~3.0 約50
Aフルート 3.6~4.0 約34

現状の梱包形状がベストな状態で、設計変更で材料及び才数削減する事が不可能であった為、素材を見直す事で問題を解決することができました。素材の最大の特徴である厚みが0.7㎜薄くなった事で積み上げスペースが減り、コスト3%(ロット・仕様により差異有り)を削減できました。

特殊な素材である為、印刷用途(オフセット印刷)も同時に提案させていただきました。

■素材提供元企業のHP:http://www.crown-grp.co.jp/gflute.html

ぺージの先頭へ事例一覧へ戻る