恵那ダンボール ダンボール梱包資材・包装資材に関するご相談は、エナダンにおまかせください。
お問い合わせ サンプル作成依頼
ご要望別事例
  • ご要望別事例一覧
  • 効率的に入れる・包む
  • 商品を安全に運びたい/動かしたい
  • 商品を保護したい
  • サービス事例(お客様からのその他のご要望対応)
  • ダンボール製造、省エネへの道
  • ダンボール 三代目のブログ
  • ダンボールブログ
  • お客様商品紹介
お問い合わせ サンプル作成依頼

ご要望別事例

ホーム > ご要望別事例一覧 > 効率的に入れる・包む一覧 > ケースの組み立ての簡素化、スピードアップのためにボトムロックやアメロクの導入をしたい事例一覧へ戻る

ケースの組み立ての簡素化、スピードアップのためにボトムロックやアメロクの導入をしたい

テーマ:箱詰めの作業の効率アップのために底部のテープ留めを省略する

お客様の抱える問題点

一番多く使われているA式ケース(みかん箱が代表です)では、箱詰め作業の前に必ず、底部を固定するためテープ留めか糊留めをしなければなりません。底がなければすべて抜け落ちてしまうからです。

恵那ダンボールからの提案

毎日大量に箱詰めをする仕事ならば、この底部を固定する作業だけでも大きな負荷となっていることがあります。その作業を軽減するため、ボトムロックやアメリカンロックと呼ばれる底部の加工方法があります。 これは、設計段階から固定するための底部デザインを決めておき、特殊形状を作ることにより実現できるものです。特殊な形状を作るために、段ボールの板を型で抜く工程が増えますが、出来上がった箱は、テープや糊を使わなくても固定できるため、箱詰め作業の効率は大幅に上がります。

大量の箱詰めをしていらっしゃるお客様に大変喜んでいただいています。

ぺージの先頭へ事例一覧へ戻る