恵那ダンボール ダンボール梱包資材・包装資材に関するご相談は、エナダンにおまかせください。
お問い合わせ サンプル作成依頼
ご要望別事例
  • ご要望別事例一覧
  • 効率的に入れる・包む
  • 商品を安全に運びたい/動かしたい
  • 商品を保護したい
  • サービス事例(お客様からのその他のご要望対応)
  • ダンボール製造、省エネへの道
  • ダンボール 三代目のブログ
  • ダンボールブログ
  • お客様商品紹介
お問い合わせ サンプル作成依頼

ご要望別事例

ホーム > ご要望別事例一覧 > 効率的に入れる・包む一覧 > ダンボールの梱包作業時間を短縮する事例一覧へ戻る

ダンボールの梱包作業時間を短縮する

テーマ:ダンボールの底に製品保護のためのパットを敷く手間を省き、ダンボールの梱包作業時間を短縮する

右図のダンボールケースの場合、底を平らにする為に、1枚パットを敷いてから使用しなければいけない。 組み立てた時点で底が平らになり、パットが不要になる。
お客様の抱える問題点

ダンボール箱に商品を10個入りで仕切って梱包しているが、組み立てた箱の底が平らでないため、1枚パットを敷いてから仕切りを入れて詰めているので、時間が掛かってしまい困っています。パットを無くしたいが、箱の中に凸凹できると輸送時に商品が揺れて破損の原因になるので困ります。また、パットを無くすと、仕切りに梱包する前に1個ずつエアキャップ等で梱包する作業が追加されて逆に手間が増えてしまいます。

恵那ダンボールからの提案

A式ダンボールの底の重ね合わせの部分を長くする事により、組み立て時に中がピッタリ合わさり、底を全て平らにする事に成功しました。 パットは不要になり梱包工程を一つ減らすことができました。

ぺージの先頭へ事例一覧へ戻る