ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ > パソコン操作 > ウィルスみたいなセキュリティソフト

ウィルスみたいなセキュリティソフト

<No Photo>
再度、自宅のパソコンネタです。
今まで、あまり気にしていなかったのですが、最近、パソコンの右下に中国語でPOPの広告のようなものが出てくるようになりました。
「ん?ウィルスかっ?!」
焦ってウィルスチェックを実行。
何もひっかかりません。何故??その後も、忘れた頃に表示される広告。
表示される内容は中国の時事ネタみたいな感じなのですが、簡体字が表示されるのが何だか怖いので、ググってみました。
他にも同様の症状の方が沢山みえ、結論、私のはウィルスではなかったようです。
原因は、以前使っていた「ウィルスチェックソフト」でした。
ある日本のソフトウェア会社のウィルスチェックソフト(1980円也)を使用していたのですが、この会社、業績悪化により、中国企業に買収されました。
それを機に今までのソフトをアンインストールして、新しいウィルスチェックソフトを入れたのですが、、、
どうやら、古いソフトの残骸が残っていて、これが悪さをしていました。
買収された後もこれが残っていると、広告が表示される仕組みのようです。
アンインストールしただけではアプリフォルダが残ってしまうので、CドライブのProgramFile内にあるアプリフォルダごと削除すれば解決です。
早速削除、、、って、削除できない!「他のアプリケーションで使用中のため、削除できません」
くぅ。
そのアプリケーションが迷惑だから削除したいんですケド!
アンインストール後も広告を出す機能だけ動くっていうのが、たちの悪いウィルスにしか思えませんね。
仕方なく、windows10をsafeモードで立ち上げ直したところ、無事、削除でき、解決しました。
蛇足ですが、こちらの中国企業に買収された企業、先週、一緒に飲んでいた同級生のお兄さんが元社長なのを知りました。
世間、意外に狭いですね。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ