ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼

互礼を交わす

GOREI.jpg
本日は、中部のダンボール産業の互礼会です。
少子化が進む日本にあって、ありがたいことに、増加を続けているダンボール産業ですが、新聞社の産業別天気図によれば、紙業界としては「雨」だそうです。
「ダンボール生産量は、国内総生産や経済の発展に連動している」と言われます。
日本の段ボール生産量は2014年が136億㎡、2015年が137億㎡、2016年が140億㎡とほぼ横ばい傾向ながらも、微増して推移しています。
しかし、世界の段ボールの生産は2014年が2174億㎡、2015年が2250億㎡、2016年が2319億㎡と増加を続けています。
今年も世界と資源の取り合いとなっていくのでしょうか。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ