ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ > 日本がむしろ特殊らしいのです

日本がむしろ特殊らしいのです

taipei.toil.jpg
本日は台湾のトイレ事情を。
お食事の方はすみません。
アジアを旅行していてトイレットペーパーの処理に悩むことがよくあります。
日本では使用済のトイレットペーパーは当然のように一緒に流してしまうのですが、
中国、韓国、こちら台湾でも、「店によって違う」ことになります。
親切なところはちゃんと書いてあるのですが、書いていない店も多く、困ります。
さて、水に流せる店と、流せない店の違いは何でしょう。
私はてっきりトイレットペーパーの性能差だと思っていました。
しかし、どうも現地の方に聞いた所、「トイレットペーパーの差もあると思うが、、、」「流れる流れないは、地域によって違う」「下水の配管の太さが小さい地区のものは流れない」とのことでした。
「どこでも流せる日本の方がアジアだと特殊だと思いますよ」とも言われました。
ナルホド、日々、配管の太さとトイレットペーパーの性能に感謝しなければいけませんねっ
ちなみに、中国語でトイレットペーパーは手紙。日本でいうところの手紙は信と書きます。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ