ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ > 総論賛成、各論反対

総論賛成、各論反対


本日、帰りにスーパーマーケットへ立ち寄りました。
ふと、カップ焼きそばのコーナーに目が行きました。1つ¥88
う~ん、安い。〇清さんが値上げを発表したばかりだと思うのですが、新しいメーカーの焼きそばが特値で陳列されています。
労働時間短縮が叫ばれますが、安値の戦いは終わりそうにないです。
働き方改革、というものについて。
日本人の労働生産性というのは、先進国、G7の中で最下位なのだそうです。
だから、「労働時間を減らして生産性を上げよう」という事になっているのだと思いますが、どうもニュースを見ていても、
・1時間当たりに作る量を増やして、生産性を上げよう
という具合になっているように思います。
しかし、「労働生産性」とは、付加価値を時間を割った数値です。
1時間当たりの生産量は同等でも、
・販売価格を上げる
事の方が、はるかに効果があります。
不名誉ながら、日本人の国民一人当たりのゴミ排出量は年間320kgで世界一。
安く買って、すぐに捨てる文化を脱しないと、労働時間も減っていかないと思うのですが、いかがでしょうか。
ちなみに、ダンボールはリサイクルされており、ゴミ排出量にはカウントされておりません。
心置きなくリサイクルへお出しください。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ