ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼

いわゆる、まな板

cutboard.jpg
休日はグラム200円の肉を使って低温調理をしております。
肉に塩コショウして、鍋に湯をはり、anovaという低温調理機で55度、6時間放置。
ちゃーんとローストビーフになりますので、普段、料理をしない父親も、「やってる感」が出ます。
問題は洗い物ですね。
切れ味の鋭い包丁使わないと薄く切れないですが、切れ味鋭い包丁で肉を切ると、どうしても肉汁がまな板に入り込んでしまいます。
そこで、コチラ。物欲に負けて、買ってしまいました。ビクトリノックスのカッティングボード。ファイバーボード製。4300円。
いわゆる、まな板ですが、た、高い。
ただ、焼きたての肉を置いても変形しませんし、肉汁で汚れることもありません。
周囲に溝が切ってあって、皿に移し替えなくても肉汁がこぼれる事なし。
洗い物が嫌いな無精な方へ。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ