ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ > ダンボール製造業 設備一覧

Corrugated roll

ああ.jpg
本日は、ダンボールの波成型をする心臓部、Corrugated roll(段ロール)の入替作業でした。
コルゲートの皆さん、メーカーの皆さん、朝からありがとうございました★
→恵那ダンボールTOPへ戻る

イマドキの

track (1).jpg
新しいトラックが2台納車されました。
運転席に小さいレバーが付いているいて、何のレバーか疑問に思っていたら、最近のトラックのサイドブレーキは、電子式なんですね。
知らなかった。
イマドキはサイドブレーキもデジタルなんですね。
track (2).jpg
もちろんバックモニターも。
これからよろしくお願いします。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

流れ流され

line.jpg
恵那ダンボール松本工場での現場からの改善提案。
機械へのダンボールシートの投入を毎回、リフトで行っている箇所を、レールで流せるように。
やはり現場の改善は現場の皆がよく分かってますね。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

半年遅れの

matu.jpg
本日は松本工場へ。
松本工場では、緩衝材などが発砲スチロールなどから切り替わる需要やプラスチックからの切り替わりの需要に合わせて、ダンボール製の緩衝材やダンボールパレット等の製造をしております。
建物の増築を進めておりましたが、オリンピック等の影響による一部建築資材の遅れ、建築確認の遅れによって、伸びに伸びて半年遅れでの着工。
特需による資材の遅れはまだ納得出来るんですけど。。。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

罠をしかけましょう

TRAP.JPG
ダンボールの製造には多くの熱、蒸気を使いますが、蒸気を使っている内に、配管の中に水が溜まって効率を落とす事があります。
そうすると、多くの燃料を使うことになり、環境にもよくありません。
その水を抜くための装置をトラップと言いますが、順次、見直しを行っています。本日、第1弾開始。
地球に優しいダンボール工場を目指して。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

自動で節電しましょう

DENKI.jpg
本日は段ボール印刷機のプチ改造を。
段ボール印刷機には、ブロアと呼ばれる古紙の切りカスをエアー搬送するための装置がセットでついているのですが、これがなかなかの電気を食います。
そこで、印刷機が印刷準備をしている最中は自動でOFF、印刷の稼働中は自動でONにする機構を取り付けました。
う~ん、言葉で書くとカンタンですが、容量が大きい為、どデカイ制御盤になってしまいました。
明日から、この機械がせっせと、節電をしてくれます。
休日に工事してくださった業者の方々、試運転に立ち会ってくれた、O君、ありがとうございました★
→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぴかぴかの

NORIBA.jpg
本日は、コルゲートの定期工事です。
作業の合間に、コルゲートチームの皆が、糊場の清掃をしてくれました。
段ボールの接着に使用するでんぷん糊を作る場所ですが、糊の粉が飛び散りやすく、汚くなりがちな場所ですが、床が反射するほどに磨き上げてくれました★
いい仕事は整頓された職場から。
コルゲートの皆さん、ありがとうございます。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

風に吹かれて

cut.jpg
本日は、松本工場で工事の立ち合いです。
こちら、ダンボールの切りカス、古紙を自動的に細かくして風で収集するカッターブロア、です。
ダンボールを製造する際、意外と製造する時間よりも、切りカスの処理の時間の方が長かったりするものです。
そちらを効率化☆
連休中に工事にあたってくれたメーカーの皆さま、工場の方たち、ありがとうございました。大事に使っていきます。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

人と機械と

sht.jpg
本日、製造したダンボールシートです。
先日お伝えした、張力の調整によって、ダンボールの反りの状況については日々、良くなってきているように思います。
正直、分かりづらいと思いますが、今回の機械の更新で、反り以外にも、「ダンボールシートを直角に切る」「直角に折れ目を入れる」事の精度を上げています。
ダンボールのシートは毎分120~250m程の速度で生産されます。
これを全て直角に切るのは、案外、難しいことです。
恵那ダンボールでも、かなり人の経験と勘に頼ったところがありますが、今回の設備導入で、勘の部分をいくつか機械化する事が出来ました。
最近、世界最高の棋士をロボットが破って、ロボット脅威論なんて話もありますが、人の作業を機械が軽減してくれる流れは歓迎です。
ロボットが壊れたら何も作業できないでは、違うと思いますが。
そういえば、昨日、コルゲートのMさんとダンボールシートの事で、
「速度が落ちた時の反りをどうやって、もっと減らしていこうか」という話をしていたら、
突然、私のiPhoneが「スミマセン、ヨク、ワカリマセン」と答えて、びっくりしました。
何?急に?
あぁ、「反り」を「Siri」と勘違いして反応してしまったんですね。
う~ん、ありがとう、大丈夫。それは我々、人間が考えていく仕事だから。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

日韓合同

hare.jpg
工事最終日。本日も晴天也、です。
nikkan.jpg
最終日は、機械のテスト稼働。恵那ダンボールの社員さん達の他、韓国の技術者の方も合わせて、総勢30名程の大所帯。
皆さま、日曜日にありがとうございます。
テスト生産としては無事、終了。
明日はいよいよ本番です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

真っ直ぐなシートを目指して

tera.jpg
コルゲートの工事が始まりました。
2日という短い期間で、工事を終わらせなければいけませんので、テキパキと。
現場では責任者のTさんが指示を出してくれていました。
zemi2.jpg
これが今回、導入する機械です。
ダンボールシートの張力を細かくコントロールする機構が付いています。
ダンボールの品質に影響してくる、反り。
この機械を使い、紙をしっかり張ったり、若干、緩めたりする事で、反りを抑えていきます。
工事は順調。皆さん、ご安全に。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

嵐の前の。

rest.jpg
恵那ダンボールで一番大きい機械、コルゲートマシン。
その一部を入れ替えをします。
うちの会社の責任者たちをパシャリ。
さぼっている訳ではないですよ。古い機械を解体する手順を確認中。
土日に行われる工事。嵐の前の静けさ、というところでしょうか。
isoKyu.jpg
こちら、取り外された後の機械。
長い間、お疲れさまでした☆感謝☆
→恵那ダンボールTOPへ戻る

木箱からダンボールへ。。。

170304.jpg
ダンボールの糊設備、補修日です。
ダンボール機械用の大型ロールを木箱にて搬入。
うぅん、何とかダンボール化できぬものでしょうか。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

冬支度

tora.JPG
半年近く前に発注していたトラックが入荷いたしました。
半年後のオーダーを抱える。うぅん、羨ましい。
トラック増やして冬支度です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

黄色の効果

itido.jpg
工場の床の塗り直しが始まりました。
本日は一度塗り。
今回は黄色です。
黄色の効果!
・集中力を発揮させる。
・判断力UP。
・記憶力を高める。
・注意をうながす。
・気分が明るくなる。
だそうです。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

片面機

col.JPG
本日は、片面ダンボールを製造する機械、シングルフェーサーの消耗部品の入れ替え工事です。
休日中、業者の皆様、ありがとうございます。
Iさん、Wさん、Kさん、お疲れ様でした★
→恵那ダンボールTOPへ戻る

道半ば

yuka.jpg
年末、恵那ダンボールでは事務所、工場の補修工事を行いました。
コルゲートでは、床の補修工事です。
段ボール原紙の移動にはロールクランプリフトというリフトを使います。
これが長年の蓄積によって床を削って凸凹にしておりました。
今回、凸凹の床はコンクリを張り直して全てフラットに。
まだペンキを塗っておりませんので、まだ終わりではありません。
床がフラットになれば、ダンボールの傷も減ってきます。
段ボールお客様の発展に貢献する。まだまだ道半ばでありますが、1歩ずつ歩を進めたいと思います。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ