ダンボール製造メーカ 恵那ダンボール三代目

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ > ダンボール製造業 設備一覧

人と機械と

sht.jpg
本日、製造したダンボールシートです。
先日お伝えした、張力の調整によって、ダンボールの反りの状況については日々、良くなってきているように思います。
正直、分かりづらいと思いますが、今回の機械の更新で、反り以外にも、「ダンボールシートを直角に切る」「直角に折れ目を入れる」事の精度を上げています。
ダンボールのシートは毎分120~250m程の速度で生産されます。
これを全て直角に切るのは、案外、難しいことです。
恵那ダンボールでも、かなり人の経験と勘に頼ったところがありますが、今回の設備導入で、勘の部分をいくつか機械化する事が出来ました。
最近、世界最高の棋士をロボットが破って、ロボット脅威論なんて話もありますが、人の作業を機械が軽減してくれる流れは歓迎です。
ロボットが壊れたら何も作業できないでは、違うと思いますが。
そういえば、昨日、コルゲートのMさんとダンボールシートの事で、
「速度が落ちた時の反りをどうやって、もっと減らしていこうか」という話をしていたら、
突然、私のiPhoneが「スミマセン、ヨク、ワカリマセン」と答えて、びっくりしました。
何?急に?
あぁ、「反り」を「Siri」と勘違いして反応してしまったんですね。
う~ん、ありがとう、大丈夫。それは我々、人間が考えていく仕事だから。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

日韓合同

hare.jpg
工事最終日。本日も晴天也、です。
nikkan.jpg
最終日は、機械のテスト稼働。恵那ダンボールの社員さん達の他、韓国の技術者の方も合わせて、総勢30名程の大所帯。
皆さま、日曜日にありがとうございます。
テスト生産としては無事、終了。
明日はいよいよ本番です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

真っ直ぐなシートを目指して

tera.jpg
コルゲートの工事が始まりました。
2日という短い期間で、工事を終わらせなければいけませんので、テキパキと。
現場では責任者のTさんが指示を出してくれていました。
zemi2.jpg
これが今回、導入する機械です。
ダンボールシートの張力を細かくコントロールする機構が付いています。
ダンボールの品質に影響してくる、反り。
この機械を使い、紙をしっかり張ったり、若干、緩めたりする事で、反りを抑えていきます。
工事は順調。皆さん、ご安全に。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

嵐の前の。

rest.jpg
恵那ダンボールで一番大きい機械、コルゲートマシン。
その一部を入れ替えをします。
うちの会社の責任者たちをパシャリ。
さぼっている訳ではないですよ。古い機械を解体する手順を確認中。
土日に行われる工事。嵐の前の静けさ、というところでしょうか。
isoKyu.jpg
こちら、取り外された後の機械。
長い間、お疲れさまでした☆感謝☆
→恵那ダンボールTOPへ戻る

木箱からダンボールへ。。。

170304.jpg
ダンボールの糊設備、補修日です。
ダンボール機械用の大型ロールを木箱にて搬入。
うぅん、何とかダンボール化できぬものでしょうか。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

冬支度

tora.JPG
半年近く前に発注していたトラックが入荷いたしました。
半年後のオーダーを抱える。うぅん、羨ましい。
トラック増やして冬支度です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

黄色の効果

itido.jpg
工場の床の塗り直しが始まりました。
本日は一度塗り。
今回は黄色です。
黄色の効果!
・集中力を発揮させる。
・判断力UP。
・記憶力を高める。
・注意をうながす。
・気分が明るくなる。
だそうです。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

片面機

col.JPG
本日は、片面ダンボールを製造する機械、シングルフェーサーの消耗部品の入れ替え工事です。
休日中、業者の皆様、ありがとうございます。
Iさん、Wさん、Kさん、お疲れ様でした★
→恵那ダンボールTOPへ戻る

道半ば

yuka.jpg
年末、恵那ダンボールでは事務所、工場の補修工事を行いました。
コルゲートでは、床の補修工事です。
段ボール原紙の移動にはロールクランプリフトというリフトを使います。
これが長年の蓄積によって床を削って凸凹にしておりました。
今回、凸凹の床はコンクリを張り直して全てフラットに。
まだペンキを塗っておりませんので、まだ終わりではありません。
床がフラットになれば、ダンボールの傷も減ってきます。
段ボールお客様の発展に貢献する。まだまだ道半ばでありますが、1歩ずつ歩を進めたいと思います。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

ぺージの先頭へ