恵那ダンボール

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ

女心と夏の空

tenki.jpg
本日は映画を見に行ってまいりました。
君の名は、で岐阜県を有名にしてくれた、新海監督の新作です。
前回よりも始まって早々、ファンタジーなシーン満載です。
「世界なんて、もともと狂ってるんだから。」
なんとかは秋の空とはいいますが、変わらぬ心と支え合う心が、うるっとくる映画でした。
意外に空席もあり、ゆっくり見られました。興味のある方はぜひに。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

セルフマネジメント

mg.jpg
土日を利用して、2日間のマネージメント講習に行ってまいりました。
西順一郎先生開発のマネージメントゲーム。
ゲームを通じて、架空の工場を5年間経営する事で資金繰り、投資のタイミング、粗利計画などを学びます。
今回受講は5回目ですが、ゲームといえど、都度、思いがけない事故が起こります。
感情の起伏を抑えられない自分に、セルフマネジメント能力の低さを実感して反省です。
今回、初心者の方も3名程みえて、口々に仰るのが、「量や売上だけを追うと、皆が赤字になる」ということです。
10年以上前のダンボール業界はどんぶり勘定の会社が多く、恵那ダンボールもその一員でしたが、現在はしっかりと原価管理する会社が増えています。
そうした企業がより増えていくことが、最終的には世の中のためになると信じています。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

総合力

dy.jpg
○マゾンプライムで、某掃除機を購入してしまいました。
小型のワイヤレス掃除機、会社で使用していて、何かと便利なため、家にも欲しいと思っていましたが、今回、プライムデーで13000円也。
こちらの掃除機、単純な最大吸引力で比較すると国産メーカーに劣るらしいのですが、
・すぐに使えて場所を選ばない
・ちゃんとゴミを吸う
・ゴミが捨てやすい
・リビングに置いておいてもカッコ悪くない
という点で、
・便利
だなぁ、と思う訳です。高い買い物の気がしますが、買って後悔はありません。
ダンボールも、「恵那ダンボールで良かった」とお客様に言っていただけるよう、精進してまいります☆
→恵那ダンボールTOPへ戻る

罠をしかけましょう

TRAP.JPG
ダンボールの製造には多くの熱、蒸気を使いますが、蒸気を使っている内に、配管の中に水が溜まって効率を落とす事があります。
そうすると、多くの燃料を使うことになり、環境にもよくありません。
その水を抜くための装置をトラップと言いますが、順次、見直しを行っています。本日、第1弾開始。
地球に優しいダンボール工場を目指して。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

雨にもマケズ

NATU.JPG
松本工場の皆さんと暑気払いで、ビアガーデンへ行ってまいりました。
やっぱり夏のビールは美味しいですね★
幹事のHさん、Mさん、段取、ありがとうございましたー。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

たまには野菜もね

1.jpg
本日は妻の誕生日だったので、お昼に最寄りのレストランへ。
カバノさん。
こちら、コースが毎月変更になります。
今月の昼のコースは緑!が中心です。
前菜はコチのカルパッチョ。
2.jpg
パスタはバジルのジェノベーゼ
3.jpg
メインはイサキのポワレ
4.jpg
デザートは自家製アイスと桃のコンポート。
どれも美味しかったです。
2日連続で美味しいものいただいて感謝★
→恵那ダンボールTOPへ戻る

半屋内BBQ


本日はエナダンの本社工場で、BBQ大会。
あいにくの雨模様でしたが、委員会の皆さんが設置してくれたテントのお蔭で、半屋内BBQということで、無事に開催できました。
色々な準備、段取りしてくれた、厚生委員の皆さん、お疲れさまでした☆
肉、野菜、たっぷりいただきました☆
食べるのや話すのに夢中で写真撮り忘れ。すんません。。。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

軽いからといって、安っぽくない

rikuro.jpg
本日は、G20中だというのに、セミナーで大阪方面へ。
さすがと言いますか、厳戒態勢で、鼻をかんでもゴミ箱が撤去されていて、ティッシュを捨てる場所すらありません。
新幹線のゴミ箱も全て封鎖です。
さて、せっかく行った大阪ですので、某県民ショーで話題になっていた、「リクロ―おじさんのチーズケーキ」、並んで買ってみました。
結果、美味しい☆美味しいですっ
しっとりふわっとしていて、卵のいい香り。
○ージーコーナーのチーズケーキを更に軽くして甘さを抑えて卵の風味を増やした感じ。
コレ、好きです。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

プラスチックのリサイクルとダンボールのリサイクル

また、あまり目を向けたくない現実として、今まで日本は処理しきれないプラスチックを海外に輸出していましたが、中国はじめ、アジア各国で環境規制が強くなり、プラスチックの処理が出来なくなってきました。
昨今、海外の影響で、ダンボールの古紙の価格が乱高下しているのも、ダンボール自体というより、ダンボール古紙の中に混ざってしまっているプラスチックごみが影響しています。
さて、テレビなどを見ていると、「プラスチックをもっと、国内でリサイクルすれば、環境にいいね!」と言っている方がいるので、リサイクルについて、考えてみたいと思います。
BANBO.JPG
こちら、ダンボールのリサイクルマークです。
古紙として回収されたダンボールは、再び、ダンボールとなって戻ってきます。
皆さんが、想像する通りのサイクル(回転)だと思います。
ダンボールは木の繊維から出来ており、溶かせば、また繊維に戻ります。
PURA1.JPG
こちらは、プラスチックのリサイクルマークです。
プラスチックというのは、また、同じプラスチックになって戻ってきているのでしょうか。ほぼ、NOです。
先日、プラスチックのリサイクルセンターでリサイクルの仕方を教えていただきました。
そもそも、一言で「プラスチック」と言っていますが、プラスチックには代表的なものでも、PP、PE、PET、ABS等があります。
ここに化学薬品を加えて、賞味期限を延ばすフィルムを作ったり、熱に強い製品を作ったりしています。
回収されたプラスチックは、色々な素材を含んだ状態で溶かされて、再生プラスチックになります。
PURAPURA.JPG
ですから、ほとんどのプラスチックはサイクル(回転)はしていません。別のプラスチックに生まれ変わり、最終的には燃やすか埋められます。
プラスチックメーカーの中には、これを問題視して、リサイクルしやすい、単一素材を推進しているメーカーさんもあります。
現在、プラスチックは本当の意味ではリサイクルされていないと思います。
私は紙業界の人間ですが、だからと言って、プラスチックの代わりを紙が代用できるとも思いません。
因みに植物由来のプラスチックのリサイクルについて、前述のリサイクルセンターの方にお話を伺った所、「ただでさえ、色んな素材が混ざっていて困っているのに、植物由来のものが入ったら、再生プラスチックの品質がどうなるか分からない」とのことでした。
先ずは、プラスチックと一括りに言うのを止めて、PP,PE,PETなど正式名称で呼ぶようにすれば、リサイクルの道も開けるのではないでしょうか。
PURA3.JPG
一部業界では、既に細かくマークを分類しています。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

自動で節電しましょう

DENKI.jpg
本日は段ボール印刷機のプチ改造を。
段ボール印刷機には、ブロアと呼ばれる古紙の切りカスをエアー搬送するための装置がセットでついているのですが、これがなかなかの電気を食います。
そこで、印刷機が印刷準備をしている最中は自動でOFF、印刷の稼働中は自動でONにする機構を取り付けました。
う~ん、言葉で書くとカンタンですが、容量が大きい為、どデカイ制御盤になってしまいました。
明日から、この機械がせっせと、節電をしてくれます。
休日に工事してくださった業者の方々、試運転に立ち会ってくれた、O君、ありがとうございました★
→恵那ダンボールTOPへ戻る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ぺージの先頭へ