恵那ダンボール

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ

メルカリ、やってみました ~売ってみよう編~

sns売買.jpg
さて。
せっかくの個人売買サイトですから、自分でも出品して売ってみたいと思います。
今までもインターネットで販売はチケットぴあ、アマゾンでは行った事がありますが、個人売買は初めてです。
さてさて。
流れとしては、
1、出品ボタンを押す
2、写真を撮る
3、商品説明を書く
4、値段を決める
5、配送方法を決める
で終了です。
さーて、売れるかな、と待つ間もなく、スマホに通知が。もう売れてますーっ、は、や、す、ぎ、ま、す。
うぅん、怖いですね。売れる時は一瞬です。
売れるものは一瞬で売れますし、売れないものはいつまでたっても売れません。
さてさてさて。
売れた後は、「配送」しなければいけません。
ここがメルカリのスゴイところだなーと思いますが、送る人と受け取る人の「匿名性」が上手に守られています。
配送の流れとしては、
1、梱包する
2、コンビニの端末で操作する
3、製品を店員さんに渡す
で終了です。相手の本名も住所も分かりませんが、コンビニに製品を預ければ、ちゃんと相手に届けてくれます。
その際に自分の住所が知られることもありません。
ここが流行るキモ、なんでしょうねぇ。
さてさて、さーて。
肝心のお金の受け取りはいくらになるのでしょうか。
以下のような計算になります。
・メルカリの手数料が一律10%
・コンビニの匿名配送を利用する場合、送料が全国一律175円(A4、厚み3cmまで)
例えば1000円で販売した製品は、
メルカリ手数料100円と送料175円を差し引いて、725円が出品者のもとに入ります。
ダンボールなど、梱包資材の代金は、この725円から支払います。
売上金額はメルカリ内で他のものを購入するポイントにするか、自分の銀行口座に振り込むか選ぶことが出来ます。
何だか楽しくなって、家の倉庫にあるものを出品しまくってみました。
100戦45勝。
自分で値決めして売るのって楽しいですね。
しかし、ダンボール会社の社長としてはどうなの?って話ですが、製品を安売りしてしまうと、梱包資材代がバカになりません。。。
いやいや、皆さま、ちゃんとダンボールを使ってネット販売してくださいねー!
→恵那ダンボールTOPへ戻る

メルカリ、やってみました ~買ってみよう編~

さて。私ごとですが、恵那ダンボールのWebサーバーのお引越しが終わりました。
明らかに動作が早くなって嬉しいです。
vic.jpg
さてさて。
CMなどでも散々アピールされている、個人売買、フリマサイトの「メルカリ」、やってみました。
先ずは試しにモノを買ってみます。
基本、インターネットショッピングといえば、○マゾンオンリーなので、個人売買にはドキドキです。
買うのは、普通のインターネットショッピングと変わりませんね。欲しい商品を検索して、気に入れば、「購入手続き」のボタンを押すだけ。
後は支払い方法を選べば完了です。
通常のインターネットショッピングと違うのは、個人が相手なので値引き交渉が出来る点。
出品者がOKしてくれれば値引きしていただけます。
ビクトリノックスの服が好きなので、夏に向けたTシャツやハーフパンツなど、数点、購入してみました。
ありがたい事に定価の10分の1~5分の1程度の価格で購入することが出来ます。
ヤフオクと違い、パソコンに張り付いている必要がなく、ポチっと押せば購入完了。スムーズです。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

ご冥福を

<No Photo>
大阪のダンボール工場で、リフトによる死亡事故が発生。
色々と言われる方もいらっしゃいますが、ただただ、ご冥福をお祈りいたします。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

Do You Remember

remE.jpg
久~しぶりに、子供と映画館へ。
長男と次男で見たい映画が違っていたので、私は次男と共に、「リメンバーミー」へ。
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、アニー賞などを獲得し、「ピクサー史上最高」とまで言われる、この作品ですが、正直、そこまで興味をそそられていませんでした。
メキシコの「死者の日」を題材にした作品ですが、アニメにしてはテーマが地味な感じがしておりまして。。。
個人的にはアニメ映画というと何やら人類の敵が出てきたり、城が浮いていたり、他人の脳を操る凄腕ハッカーとか期待してしまうわけです。
あと、これも原因なのですが、こちらの作品、「アナ雪」の短編映画とセット上映されているのです。実際、満席の会場は、女の子が多かったです。
この、「アナ雪」でお客を釣っている感が、私の期待値を下げてしまいました。
しかし、すみません。私の勘違いでした。非常に良い映画でした。途中で涙腺が壊れました。
観に行かれる方は是非、ハンカチを忘れずに。
ところで、リメンバーという単語を聞くと、私は頭に佐野元春さんの曲が流れますが、リメンバーミーの吹替版の主題歌はシシド・カフカさんでした。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

右派?左派?

kaidan.jpg
本日は、恵那ダンボールの委員会活動の日です。
今回、安全委員会では、階段に方向指示の標識を貼らせてもらいました。
「階段って、右通行?左通行?」と悩みながらも、調べてみると、どうやら階段の事故は「下り」の時が上りの4倍事故が多いとの事。
そこで、手摺に近い方を「下り」とすることになりました。
さて、定着するかな。
皆様、ご協力の程、よろしくお願いいたします。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

長い間、お疲れ様でした★

hori.jpg
勤続30年、恵那ダンボールで活躍していただいたH課長が勇退されました。
本日は、皆で送迎会。
30年。あれやこれや、大変な事ばかりだったと思います。本当にありがとうございました☆
→恵那ダンボールTOPへ戻る

桃園の誓い

taoyuen.jpg
桃園の誓いといえば、三国志の某有名シーン。
いや、誰とも義兄弟にはなっておりませんが

tapioka.jpg

→恵那ダンボールTOPへ戻る

日本がむしろ特殊らしいのです

taipei.toil.jpg
本日は台湾のトイレ事情を。
お食事の方はすみません。
アジアを旅行していてトイレットペーパーの処理に悩むことがよくあります。
日本では使用済のトイレットペーパーは当然のように一緒に流してしまうのですが、
中国、韓国、こちら台湾でも、「店によって違う」ことになります。
親切なところはちゃんと書いてあるのですが、書いていない店も多く、困ります。
さて、水に流せる店と、流せない店の違いは何でしょう。
私はてっきりトイレットペーパーの性能差だと思っていました。
しかし、どうも現地の方に聞いた所、「トイレットペーパーの差もあると思うが、、、」「流れる流れないは、地域によって違う」「下水の配管の太さが小さい地区のものは流れない」とのことでした。
「どこでも流せる日本の方がアジアだと特殊だと思いますよ」とも言われました。
ナルホド、日々、配管の太さとトイレットペーパーの性能に感謝しなければいけませんねっ
ちなみに、中国語でトイレットペーパーは手紙。日本でいうところの手紙は信と書きます。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

今日は遠い国

taipei.jpg
ダンボールの研修で台湾へ行かせていただきました。
出発の当日、恵那はマイナス8度。セントレアは吹雪です。
セントレアから台北、台北から新幹線で高雄へ
飛行機の都合か、高雄に直接飛ばず、台北から高雄入り。
雪のため飛行機が遅れるなどして随分時間かかりました。
自宅は5時30分出発。ホテルの到着は20時30分(日本時刻だと21時30分)。
うぅん、本来、最も近い国の一つのはずですが、今日は遠い国でした。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

400年

kyoto.jpg
友人と共に京都瓢亭さんへ行ってまいりました。
酒を飲まずにはいられなくなる料理の数々。危険です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ぺージの先頭へ