恵那ダンボール

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ

自動のこわさ

CPU.JPG
PCの話です。
パソコンを長く使っていると、段々、段々と動きが遅くなってしまうのは仕方のないもの。
とは思っているのですが、この数か月、我慢できない程、自宅のパソコンの動きが遅くなってきました。
Windows8の時はサクサク動いていた私のVAIOが現行のWindows10になってから動きが怪しいのです。
最近は○mazonの買い物をするだけでもモタつくように。
「何かがおかしい」と思って「タスクマネージャ」を立ち上げると、何もしていないのにCPUの負荷率が90%、ディスク負荷率が60%?!
やはり何かがおかしいです。
調べてみたところ、過去、WindowsUpdateが失敗した日があるようです。
「BITS トラブルシューティング ツール」というのがmicrosoftから提供されていますので、そちらを使用してみました。
無事、エラー修復が出来ました。
結果、CPU負荷率は3%に!
パソコンの動きが遅い!という方は、裏でupdateが失敗している可能性があるかもしれません。
「自動更新」って便利な気がしますが、勝手に更新して、勝手に失敗してくれると不便ですね。
更新に失敗したら、エラー修復をするための手順も自動で誘導してくれれば良いのですが。
「パソコンの動きが遅くなったから買い替えようかな」と思わせる為の戦法なんでしょうか。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

喉元過ぎれば

<No Photo>
本日は東日本大震災から6年。
お亡くなりになられた方がたのご冥福をお祈りするとともに、深い悲しみにある皆さまに衷心よりお悔やみを申し上げます。
震災直後の節電意識や持続可能エネルギーへの改革意識も、喉元過ぎれば。
いっそ、1年に数回、大停電の日を作ってみてはどうでしょうか。山の日などいらないです。出生率も上がると思いますが。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

10%は多いか少ないか

enaK.jpg
本日は、Uターン、Iターン希望の新卒者を対象にした「恵那市合同企業説明会」でした。
恵那市役所と恵那商工会議所の共同イベントで、恵那ダンボールも参加させてもらいました。
担当してくれたお二人、お疲れさまでした。
市役所の方に聞いた所、参加企業32社に対し、学生の参加者は50名程だったとの事。
少ないかな?と思いましたが、恵那市の人口統計図を見ると、恵那市の新卒22歳は500名程度のようです。
そう考えると、都会に出た1割の学生がUターンを考えて、参加してくれた、という事で、これはかなり参加率が高いのかもしれません。
でも、もっと人口増えて欲しいですね!
→恵那ダンボールTOPへ戻る

忘れた頃にやってくる

yuki.jpg
皆さん、既にタイヤはスタッドレスからノーマルへ変更してしまったでしょうか。
忘れた頃にやってくるのが、雪。
お気を付けを。。。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

WHO

zen.jpg
昨年を持ちまして、青年会議所を卒業させていただきまして、もはや青年と名乗れなくなった私ですが、
現役のメンバーの方から、制作が遅れていた記念品をいただきました。
シュールな人形、ありがとうございます☆嬉しいです。
WiiUのアミーボみたいなので、子供のゲーム機に乗せてみましたが、反応しませんでした。

face.jpg
ところで、この人形、誰ですか?
→恵那ダンボールTOPへ戻る

木箱からダンボールへ。。。

170304.jpg
ダンボールの糊設備、補修日です。
ダンボール機械用の大型ロールを木箱にて搬入。
うぅん、何とかダンボール化できぬものでしょうか。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

JAM

apple.JPG
りんごジャムの素。
作りたてのジャムって食べた事がなかったですが、美味しいです★
JAMといえば、紅白のイエモン、良かったですね。JAM、ヘビーローテーションして聞いています。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

パクチ男子にはなれませんが

soup.jpg
タイ料理。
若干のパクチーの入ったスープなど。パクチー(中国ではシャンツァイ)は食べられますので、私は大丈夫です。
パクチー山盛りで食べるパクチー女子なる人たちほど得意ではありませんが。
fish.jpg
揚げ物などもありました。少し日本人向けにしているのでしょうか、元々なのでしょうか、食べやすいですね。
トムヤンクンなども美味しかったのですが、一番美味しかったのが、
tako.jpg
地元でフランチャイズ展開していた、タコス料理でした。
ソースが何10種類も取り放題で、何だか容赦ない味付けが好意的☆です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

フロンティアウィスキィ

cava1.jpg
タイからの帰り便。
免税店で「カバラン」を見つけました。
ワールドウィスキーアワードでベスト・シングルモルト・ウイスキーに選ばれたウィスキー、「カバラン」
ウィスキーには、産地として有名なのが5カ所あり、5大産地と呼ばれているらしいです。
スコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、最後に日本。
しかし、このウィスキーの生まれは台湾、なのです。しかも創業2008年。まだまだ歴史の浅い会社です。
並みいる有名ウィスキーをしりぞけ、受賞した台湾のウィスキー。フロンティアスピリッツを感じます。
ずっと飲んでみたいと思っていたのですが、日本で購入すると、1本25000円也。高すぎです。。。
今回、免税店で13000円で購入できました。それでも高いですが、ほぼ半額。
cava2.jpg
帰国後、早速、飲んでみました。
ワイングラスに注いでストレートで。ラムに似た良い香りがします。
アルコール度数は55.6度と高め(竹鶴は43度)なので、私はなめるようにしか飲めませんが、甘くて美味しい☆です。
チーズがあれば最高ですね。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

タイダンボール

danbo.jpg
タイのダンボール事情を知りたくて、M井くんと共に、バイクタクシーに乗って現地のショッピングモール、ビックCへ。
会社のお土産としてトムヤンクン味のプリッツなどを大量購入しました。
ビニールに入りきりませんので、「ご自由にどうぞ」って事でレジの隣に置かれていたダンボールをいただく事に。
ここらへんは、日本と同じですね。
し、か、し。
どこを探しても粘着テープがありません!(いわゆる一般的にはガムテープと呼ばれているものがありません。)
こちらのショッピングモールではダンボールケースを使いたければ、テープを持参するか、お店で購入するシステムのようです。
サービスカウンターでテープが売っていましたので、仕方なく、購入する事に。
お値段40円。微妙に高くないですか?
しかも、売っているのがフィルム系テープ。手で切れません!
現地の人はどうやってテープ切っているのかと思ったら、「うぉっ」と掛け声かけて皆さん、力づくで切っています。
私も郷に入って、力づくで梱包いたしました。
ご覧の通り、何だかみっともない姿になってしまいました。
うぅん、クラフト粘着テープが欲しい。
さて、肝心のダンボールですが、表面はかなりピッチ(黒いポツポツ)が目立ちます。中芯は段が流れていて、大らかな海外の雰囲気というところでしょうか。重いものを入れるとちょっと怖い感じがしました。
普段、何気なく使っている、ダンボールをはじめとする梱包材ですが、手で切れる粘着テープが直ぐに手に入る日本は便利ですね。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ぺージの先頭へ